今や50歳以上の2人1人が高血圧。高血圧予防は普段の生活から。

高血圧とは?

心臓は、身体全体に向かって血液を送っています。心臓から送り出される血液の圧力(血液が血管を押す力)が血圧であり、血圧が一定以上の高い値を示し続けることを高血圧といいます。

高血圧って?

血圧の基礎知識

心臓は収縮、拡張することでポンプのように血液を押し出し、身体の中を循環させています。このとき、血管の中は血液で満たされているため、血液が血管を内側から押しているような状態です。

血圧の事を知ろう

高血圧の基準値

血圧は様々な要因で変動します。 特に、病院で測った値と家庭で測った値には差があり、血圧が正常な人でも収縮期血圧で20~30mmHg、拡張期血圧で10mmHg以上差がある場合もあります。

高血圧の基準

血圧の正しい測定方法

家庭血圧を測定することは大切です。その為にも正しい測定法を理解しましょう。 血圧は、心臓と同じ高さに置いた上腕で測定したものを基準とします。

正しい血圧の計り方

高血圧と食事

高血圧は生活習慣病のひとつです。生活習慣の改善によって、予防だけでなく実際に血圧が下がることもわかっています。薬だけに頼らず、同時に生活習慣の見直しを行うことが重要です。

食生活を考える

高血圧と生活習慣

高血圧の予防には激しい運動は逆効果です。ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動を、負担にならないように汗ばむ程度(30分程度)いきむような動作が必要な運動は避けましょう。

正しい生活習慣